AI革命をあなたの手に

手持ちのブラウザ対応のスマホやパソコンを使って、ハドロンコインを獲得しよう。ハドロンのウェブサイトを開いておくだけでAI計算タスクが処理されます。人々の手にパワーを。

ホワイトペーパーを読む アカウント登録
ハドロンコインはダッシュボードからアクセスしていつでも支払いに使うことができます。ハドロンのマイニングは現在特定ユーザのみに公開中です。「アカウント登録」よりハドロンのユーザアカウントをお申込みください。
Image description

二つ重要なトレンドがビジネス機会をもたらします。

AI需要の成長

大きな経済効果

人工知能(AI)は、2035年までに世界経済に14兆ドルを追加する見込みです。(出典:アクセンチュア)      

採用の伸び悩み

技術能力の欠如はAIソリューションの採用を妨げており、参入障壁は高いままです。

勝者と敗者

AI技術をいち早く取り込むビジネスは、将来の経済において競合他社よりはるかに優位です。

「見えない」スーパーコンピューター

何十億ものネットワーク

インターネットに現在つながっているパソコン、スマートフォン、タブレットの数は数十億にも達します。

スマホの普及

ハードウェアやブロードバンド技術が進歩する一方で、世界的なスマートフォンの普及も拡大し続けています。

未開拓のコンピューティングパワー

これらのデバイスを集めると、膨大な量の分散されたコンピューティングパワーが活用されずに眠っています。

ハドロン・マーケットプレイス

ハドロンは集中化された仮想市場にて、AI計算の需要に対して豊富なプロセシングパワーの供給を結びつけます。顧客は計算処理タスクを入札にかけ、マイナー(採掘者)はハドロンコインと引き換えに仕事を請け負うことができます。
Hadron Marketplace Diagram

ハドロンの仕組み

Image Description ステップ1

顧客が処理したいAI計算がある。

Image Description ステップ2

ユーザは、活用されずに眠っているコンピューティングパワーのあるデバイスを持っている。

Image Description ステップ3

ユーザのデバイスが、ハドロンの顧客のためにAI計算を処理をする。ハドロンではこれをマイニングと呼びます。

Image Description ステップ4

計算タスクが処理されると、顧客はユーザにハドロンコインで報酬を支払う。

誰がマイナー(採掘者)になれるか

高性能の特殊なコンピューターを使った「勝てば総取り」の今までのマイニング(採掘)アプローチとは異なり、ハドロンを使用したマイニングは、より多くの人々が参加できます。もし互換性のあるスマートフォンを持っていれば、1分以内にマイニングを開始できます。
Traditional Mining vs. Hadron Mining

実社会での適用

以下はハドロンの現在の技術に基づいてAI処理できるごく一部の例です。将来はハドロンのAI処理能力を用いて適用を幅広く展開する予定です。

慈善事業としてのコンピューティング

Charitable Research

ハドロンチームの核となる価値は、社会利益のためにAIを活用することです。

ユーザは計算処理に対する報酬が支払われるだけでなく、ハドロンの企業利益の一部が慈善活動に活用されることに満足を得られるでしょう。ハドロンは、AI計算処理能力をスタンフォード大学らの医療機関に提供し、癌や加齢性疾患の医療研究の発展を支援します。

ユーザは、ハドロンダッシュボードから慈善活動を選んで直接コインを寄付することもできます。

チーム

DM Tong

Darick Tong

デリックは、グーグルのプリンシパルエンジニアであり、大規模分散システムの構築に2003年から取り組んでいる。Gmailを開発して立ち上げたチームの一員であり、Google Founders Awardの受賞者。スタンフォード大学にて、学部ではAI(人工知能)を主に研究、コンピュータサイエンス修士卒。

David Papandrew

David Papandrew

「パパ」は20年の製品管理経験をチームにもたらす。Fanpopの共同設立者であり、Chief Product Officerの役割を担う。その前にはB2CとB2Bの両方のスペースでベイエリアの主要テクノロジーおよびメディア会社で働く。ハワイ育ち、オクシデンタルとハーバード大学で学んだ。

Cliff Szu

Cliff Szu

クリフは起業家であり、ハドロンのCEO。LoanBack(ピア・ツー・ピア・レンディング・サービス)の前CEOであり、また5,000万人以上のユーザー参加と何百万人もの訪問者を持つコミュニティベースのネットワークであるFanpopの共同設立者。東海岸で育ち、スタンフォード大学ではコンピュータサイエンスと経済学を学んだ。

Michael Chu

Michael Chu

マイケルはFanpopの創設チームの一員として、何百万人ものユーザが使用している分散型戦略のユーザプラットフォーム技術を構築。インテルでは、Intel Centrinoプラットフォームの開発、立上げを支援、コンピュータビジョンの6件の特許を取得。カリフォルニア生まれ、U.C.バークレーにてコンピューターサイエンスを学んだ。

Evan Szu

Evan Szu

エバンはシリコンバレーで10年以上にわたり技術製品開発の管理を担当。ブラウン大学にてコンピュータサイエンスと化学の二重の学位を取得し、原子や分子の動きをモデリングするためのコンピュータシミュレーション技術を研究。後にスタンフォード大学院フェローシップを授与され、博士号を取得。

アドバイザー

Rob Ferber

Rob Ferber

ロブはテスラのチーフサイエンティストであり、現在はハイパーループワンのチーフエンジニア。シリアル起業家であるロブ氏は、20億ドルのIPOをクレジットに持ち、今までに6銘柄のシリコンバレー企業でCTOまたはCEOを務めた。

David Galvan

David Galvan

デーブは、シリコンバレーで25年以上のビジネスおよび営業経験を持ち、支払、技術、インターネットのベテラン。現在はMasterCardで事業開発担当VPを務める。24 Hour Fitnessでは、同社売却を1億8500万ドルで成功に導いた。

Matthew Le Merle

Matthew Le Merle

フィフス時代の共同設立者であり、Keiretsu CapitalのマネージングパートナーでもあるMatthewは、成長、革新関連の問題についてAmazon、Cisco、eBay、HP、Microsoft、PayPalなどにアドバイスした企業の成長、革新、ビジネスの変革の専門家です。

Patrick Ryan

Patrick Ryan

ライアンは、Google Appsの信頼性、戦略、エンジニアリングプリンシパルであり、グーグルにてシニアポリシーカウンセルを務めた。2013年から2016年までインターネットガバナンスフォーラムの国連アドバイザーを務め、インターネットの中立性とインターネットポリシーに関してVint Cerfと論文を執筆。

Henri-Clause de Bettignies

Henri-Claude de Bettignies

アンリ・クロードは、中欧国際工商学院(CEIBS)においてグローバルガバナンスと中欧関係を担当。 1988年からスタンフォードGSBの客員教授を務め、INSEADの名誉教授でもある。

Dr. Jeff Chi

Dr. Jeff Chi

スタンフォード大学医学部の臨床准教授であるチー先生は、ハドロンのAIの医学への適用、スタンフォード大学などでの慈善研究の機会についてのアドバイザーである。

もっと詳しく知りたい?